メインイメージ

滞納 延滞HOME

支払い料金の滞納と延滞について

延滞と滞納は同じような言葉ですが、違いがあります。
滞納は期日までに支払うべき料金を払わず滞っていることで、延滞は期日に支払えず、何日か後になって料金を支払うことを言います。
どちらも会費や税金など、料金に関することで使われる言葉であり、してはいけない行為です。

特にクレジットやローンなどでの支払い延滞や滞納すると、後々の支払いのことにも影響してしまいます。
クレジットカードを発行する会社では、クレジットの申し込みをされたときに申し込みをした方の個人情報を記録して参照をして入会の審査に使用します。
過去においてクレジットでの支払いに遅れや滞りがあったという記録があると、審査が通りにくくなってしまいます。セゾンカードの審査難易度とオリコカードの審査難易度が異なるように、信販会社によって審査内容は異なります。
特に三ヶ月以上もの遅れや数回期日に遅れて支払いがあったなどの記録が残っていると、クレジットカードを扱っているどの会社に申し込んでも審査が通らなくなってしまいます。
さらにこの記録はクレジット会社以外にもこの情報を参照される場合があます。
住宅や車をローンを組んで購入したい場合、このような情報があるとローン会社申請してローンを組もうと思っても審査が通らない可能性も出てきます。

また新規のクレジット会社への契約ができないだけではなく、支払いが遅れるとクレジットカードを発行している会社から強制解除をされてしまう場合があります。
期日までに支払いができない方には信用がないということで、クレジット会社からは受け付けてはもらえなくなってしまいます。
支払いの遅れや滞りについて、何日遅れたのか、また何回おくれたから解除するという規定は定められてはいません。クレジット会社の裁量によります。
しかし一日遅れただけでも解除にされてしまうことや、一度の遅れで解除されることもあります。
また他のクレジット会社にクレジットカードを作成するようにお願いをしても審査してもらえない場合もありますし、契約中の会社からそのときは解除されなかったとしても、信用がないので、これ以上は契約は不可能ということで更新手続きをしてもらえない可能性もあります。

クレジットでの支払いは、個人の信用に大きく関わりがあります。
正確には期日に1分でも遅れてしまったら信用がないとみなされてしまいます。
しかし中には支払いの遅れについて許容範囲を設けているところもあり、数時間や数日程度の延滞であれば毎月支払っていることにしてくれる会社の存在もあります。

またクレジットの支払いは月に一度口座から定額分引き落としされます。
そのため引き落としされるその日に支払い金額を振り込んでも支払いが遅れているとみなされる場合があります。
金融企業の引き落としの仕方もそれぞれ違いがあります。
当日一定時刻にしか引き落としをしないところや当日支払い金額に満たなくても当日入金があればすぐに引き落としされるところ、また当日何度も引き落としをしているというように、方法も企業によってはさまざまです。
一日に一回しか引き落としをしない企業であれば処理時間が分かっていてそれに間に合えば遅れにはなりません。
また一日に何度も引き落としがある企業の場合なら、最終の引き落とし時刻に振込みが間に合えば送れたことにはなりませんが、1分でも遅れてしまうと延滞になってしまいます。

一番安心なのは、期日前日までに支払い金額分を口座に残しておくか振込みをしておくことです。
金融企業の引き落とし時間が明確ではないことが支払いの遅れにつながるので、期日をしっかり確認して、それまでに支払い金額を口座に残していくことが一番よい方法です。

また支払いの遅れについて、どのような理由があってもそれは聞き入れてもらう事はできません。
天候が悪かった、事故にあった、病気で動けなかったなど、払う意思はあったのに支払えなかったという場合、会社によっては理由を尋ねられることもありますが、期日があるのに支払いができないというのは社会的責任が果たせないといことになり、やはり個人的に信用がないことになってしまいます。
仮に金融業の振込機がシステムエラーで使えなかった場合や震災にあったという場合は考慮される可能性もありますが、それ以外は考慮される可能性はありません。

滞納や延滞がないように他のクレジット会社のキャッシング枠を利用したり、カードローン会社に申請をして支払うお金を用意したり、一番手短な方法では親族にお金を用立ててもらい、一時的に支払いに遅れがないようにする方法があります。
できるだけ期日に間に合わせる事が大切です。
しかし万が一支払い期日に間に合わなくなってしまった、あるいは間に合いそうにない場合には、早めにクレジット会社に連絡を入れて、詳細をお話することです。
場合によっては期日を少し引き伸ばしてもらうことも可能になる場合もあります。
また払い込み用紙が届けられるなどして、再度振り込める機会を設けてくれる会社もあります。
早めに対処をするように心がければ、貸した会社からもよい措置をとってもらう事ができます。

滞納と未納はどう違うのか

本来であれば支払わなくてはならないお金を、払わない状態でいることは好ましくありません。
この時よく使われる言葉が二つあります。
例えば給食費などを支払わなかったりするときにはよくこの言葉を使うことが多いでしょう。
しかし家賃の支払いなどを怠った時に使われるのは、未納ではなくて滞納という言葉です。
この二つの言葉は似ているようで、違う意味を含んでいるのです。どう違うのでしょうか。

まずは未納から見ていきましょう。
この言葉は別の言い方をすると「未払い」のことです。
携帯電話の支払いやそれ以外の公共料金の支払い、お店の付けの支払いなどが未払いである場合などには、未納という言葉が使われます。
もし未納のままでいると、何らかのペナルティが課されることがあります。
それが未納の意味です。

ではもう一つの滞納とはどう違うのでしょうか。
滞納とは未納よりも重いペナルティが課されると考えるべきです。
未納とはあくまでも催促対象であるのに対して、滞納は法的な処分という意味合いが込められていることが多いです。
特に税金や国民健康保険、国民年金などの滞納した場合は、それに対する処分が下されることがあります。
他にも家をローンで購入していて、そのローンの支払いが滞ってしまったら、それは立派な滞納に当たります。
そのままでいるとその家は任意売却や最悪では競売にかけられるという重い処分が下されるわけです。
ですから気を付けるべきことは、何かの支払いが最初は「未納」の段階であったとしても、それが「滞納」にかわってしまったら大変なことになるかもしれないということです。

本来であれば払わなければならないお金を、払わないのはよくありません。
しかし何かの事情で払えない場合が出てくるかもしれません。
その時にどちらの言葉が当てはまる状態であるのか、考える必要があります。
もし「滞納」の方であったならば、何としてでもお金を工面して、払わなければなりません。

公共料金を滞納したときの切り抜け方

公共料金を滞納することは普段の生活の中ではあまりないと考えられる方もいらっしゃることでしょう。
しかし、私のような低賃金フリーターにとっては日常茶飯事でむしろ毎月公共料金をきちんと支払っている方の方がおかしいんじゃないのと感じます。
それは、使用金額が少なくても必ずガス・水道・電気代には高い基本料金が含まれるからです。
正社員として働き高い月収があった頃は、月額980円の基本料金なんて何の負担にも感じませんでした。
ところが今は時給890円の仕事をしていると、1時間必死で働いた分のお金がよくわからない基本料金で持っていかれるということに耐えられません。

そこで私が節約術として考えたのが、わざと公共料金を滞納して無駄な月額料を減らそうということです。
お金に余裕があるときに、ホームセンターでガスコンロ・ボンベ、LEDランタンをたくさん買い集めてガスと灯かりを確保します。
水はアパートにある井戸を使えば水道代は実質無料なので困りません。

初めて公共料金を滞納したのは10年前で、その時は赤色のハガキで「期日までに料金を納付しないと生活に支障をきたすことになります。」というすこし怖い文面が届きました。
公共料金を支払ないとあたかも人間らしい暮らしが出来ないような言葉で20代後半だった私は恐怖しました。
しかし、払いたくても払うお金がないのだから滞納するしかなく支払わないでいると2週間後には電気のスイッチを押しても灯かりがつかず水道の蛇口を捻っても水も出ませんでした。
人間らしい生活が出来なくなるんだと落胆しましたが、知人からは毎日キャンプしている気分で楽しく暮らしたらと助言をされて、今では公共料金を滞納して節約を敢行するまでになりました。
おかげで、無駄な基本料金を支払うこともなく必要最小限の力で毎日工夫した暮らしを送れるようになりお金も貯まって充実した暮らしをしています。
公共料金の滞納なんて全然怖いことではありません。

税金の滞納は本当に差し押さえられます。

大学を卒業してしばらくの間、音楽活動をしながらアルバイトをしていた時期があったのですが、もちろんバイトの給料から住民税などの税金は差し引かれておらず働いた時間分がそのまま銀行に振り込まれていました。
当時は音楽活動を続けることにもお金が必要であったことや、まだ社会人としての自覚も薄かったことから住民税をずっと滞納していました。

そして、こうした状態をしばらく続けていると、住民税の督促状といったものがやってくるようになりました。
また、住民税だけでなく公共料金や電話料金と言ったものも滞納していたのでそれらの督促状も頻繁に郵送されてきました。
こうした書類は最初は通知程度なのですが、徐々に「法的な措置」といったような仰々しい文字が並ぶようになり、債権回収業者など、債権者が委託した業者から郵送されることも少なくありませんでした。
しかし、書面は頻繁に送られてくるものの実際に財産が差し押さえられるといったことはなく、日にちだけが経過していきました。
ただ、電気やガス、電話代は滞納分を払わなければサービスが受けられないので、お金の目途が立った際にまとめて支払いました。
そして残ったのが住民税でした。

当時は「住民税は払わなくても生活には困らないし差し押さえられることもないだろう」という感覚でした。
くわえて「差し押さえられるような財産を持っていないから大丈夫だ」という根拠のない自身もありました。
そしてある月の給料日、お金をおろしに銀行のATMに行くものの残高不足の表示になります。
理由がわからなかったので、その場で通帳記帳をしてみると給料の入金直後に全額差し押さえられていました。
給料がなければ、当月の支払いや生活がままならないので急いで役所に行き、とりあえず一旦返金してもらって分割で支払うことになりましたが、担当者にはしっかりと説教される結果となりました。
担当者は「どうして相談にこなかったのか」ということを何度も言ってましたがその通りです。
税金は滞納すると確実に差し押さえされます。
もし今すぐ払えないのであればまずはその旨を相談しに行きましょう。

滞納した税金を相談して分割払いにしてもらいました

10年ほど前に購入した一戸建て住宅には、毎年固定資産税の支払い義務が発生します。
去年までは仕事をしていたので、滞納することなく税金を支払うことができていました。
しかし半年前に怪我をしてしまい、入院を余儀なくさせられました。
仕事を長期休むことになってしまい、同僚に迷惑をかけると判断して、会社を退職することになりました。
退職してからは失業手当と貯金で何とか生活をしていましたが、一戸建て住宅や車のローン返済などもあって、すぐに手元にお金がなくなってしまいました。

生活費も必要になるので、つい税金の支払いを後回しにしていたところ、滞納しているという連絡が文書で届くようになりました。
もう少し回復をして仕事ができるようになったら支払えばいいという安易な考えから、その文書を特に気にすることなく過ごしていました。
そうしたらその後も督促状が届くようになり、最後には役所から税金を滞納しているので、差し押さえを行う可能性があるといって訪ねてこられました。
その時になってようやく大変なことをしたという自覚が出てきたので、今の働けない状況を相談して何とかならないかということを訪ねてみました。
かなり体調は回復していたこともあり、来月からは働く勤め先も決まっていたことを話すと、それなら滞納した税金を一度に返済するのは難しいから分割で返済する方法があることを教えてもらいました。
分割返済をするためには、もっと詳しく今の状況を確認してもらい、必要な書類を提出しなければなりませんが、それで少し気持ちが楽になりました。
審査をしてもらい、手続きの結果、分割返済が可能になりました。
税金というのは支払うことが義務だと知っていましたが、他の借金やローンとは別のものだと甘く考えていた部分が自分にありました。
しかし滞納するということは借金と同じことだとわかったので、これからは期日を守ってしっかり支払いを済ませたいと考えるようになりました。

家賃滞納が続いた入居者に退居してもらいました

親が所有していた土地を譲り受けたので、資産運用をしようと考えて、単身向けのアパートを建設することにしました。
周辺では土地開発が進んでいることもあり、同じようなアパート建設が続いていることから、入居者を見込めると判断したからです。
アパートを建設するためにローンを組む必要がありましたが、入居者からの家賃が安定して入れば数年で返済できることがわかり、十分に資産運用になると考えました。

実際、アパートの建設に着工してから1ヶ月もたたないうちに完成し、地元の不動産会社に依頼をして入居者募集を仲介してもらいました。
新築であったことや、立地が良かったことから全ての部屋の入居者が決まりました。
不動産会社に入居者を探してもらったので、そのまま運営も依頼しようかと考えましたが、ちょうど自分が退職をしたので時間に余裕があったことからマンション管理人をすることにしました。
アパート建設を決める前から、資格取得に興味があったので、以前にマンション管理人になるための資格を所有していたのが良かったです。

全ての部屋が埋まっているので、ローンの返済も滞りなくできると喜んでいましたが、半年ほどしてから家賃滞納をする入居者が出てきました。
以前はサラリーマンだったようですが、退職をしてから引きこもりの状態になってしまい、家賃が支払えなくなったようです。
何度か訪問して家賃滞納をしていることを知らせましたが、いつ支払ってくれるかを尋ねても明確な返事をもらうことはできませんでした。
そのため入居するときに交わした契約書から、保証人になっていた実家の両親に連絡をすることにしました。
連絡をしたら両親は驚かれたようですぐに訪ねてきて、滞っていた家賃を全て支払ってくれました。
そして、引きこもっていることから本人が精神的に疲弊しているということで、実家に連れて帰るということになり、退居手続きを取ることが決まりました。
色んな入居者がいることはわかっていましたが、それぞれに応じて対応するのが難しいと実感しました。